広告業界で今注目されている、広告配信の最適化を実現するDMPとは?

広告業界で今注目を集めているDMP(Data Management Platform)。この数年マーケティング業界のキーワードとなった「ビッグデータ」導入の流れを受け、より具体的にデータを活用しようとDMPに取り組もうとする企業が増えている。DMPの活用がウェブマーケティング戦略の重要課題となる日も近そうだ。今回は、広告配信の最適化を実現するDMPの仕組みと活用方法をご紹介しよう。

ビッグデータのマネジメントプラットフォームDMP

DMPとは?

DMPはデータ・マネジメント・プラットフォームの略。DMPは、大きく2に分けられる。ひとつは広告配信先のデータセラーとしてのDMP、もうひとつは企業がマーケティング施策を最適化するためのプライベートDMPがある。ここでは、前者のDMPについて紹介する。

DMPを紹介するとき、しばしば「箱」にたとえられることがある。
この「箱」は、訪問ユーザーの属性情報やアクセス解析情報のみならず、購買データやソーシャルデータなど、ユーザーにまつわる様々なデータを集約していく。
DMPという「箱」の中に蓄積されたデータを活用することで、ターゲティング精度を上げ、個別のユーザーに適切な広告を表示したり、ユーザーごとに最適なタイミングで広告配信をすることができるようになる。主に広告配信会社や媒体社等が広告主向けに提供しているサービスで、枠ではなく「人」に対しての広告配信を可能にするのだ。

DMPの仕組み

DMPではCookie技術を活用し、ウェブサイトにDMPのタグを設置し、閲覧情報を蓄積。そこで集まったデータをさまざまなサイト閲覧履歴や属性情報、ソーシャルメディアの情報などの一定のルールのもとで分類する。このデータを使うことで、セグメントされたユーザーへ直接広告を打つことができるという仕組みだ。
DMPを導入することで、アクセス解析や自社の顧客情報だけでは取得できないWeb上の「ビッグデータ」を広告配信システムに切り替え、ターゲットユーザーへ効率良く広告配信することができる。

DMPの活用法

とはいえ、DMPはなにも広告配信のためだけのシステムではない。
集めたデータを元にターゲットユーザーの可視化を行い、その人々にアプローチするために最適な方法を検討するための様々な材料を与えてくれるのだ。
そしてそのアプローチ手段は広告のみならずキャンペーンの告知やWebサイトの変更、商品やサービス開発、ターゲット市場の見直しやPRといったケースもあるだろう。
DMP導入の一番のメリットでありチャレンジでもあるのが、このような様々なアクションをどんどん実行していき、そのPDCAサイクルを回していくことである。
DMPもリスティング広告と同じように、運用しながらPDCAサイクルを回すことで求める成果に近づいていくものなのだ。

DMP時代はデータ解析が必要不可欠

広告の枠を超え、広告技術の進化の末に生まれたDMPは、マーケティングのインフラ基盤として期待されている。DMP時代の到来は、Webでもユーザーデータを統合したマーケティングに挑戦できるように変化しつつあるのだ。企業は自社のデータをどう活用するかを考え、データを読める人材を育成しながらデータ解析に取り組んでいくことが、今後ますます必要になるだろう。


参考:

実は簡単!DMPを活用したオーディエンスターゲティングとリターゲティングの仕組み 菅原健一
http://markezine.jp/article/detail/17190

広告媒体の効果測定にDMPが不可欠になる--アタラCOO有園氏講演 日沼諭史
http://japan.cnet.com/sp/cnetjapanlive_2013/35041989/

Photo: Some rights reserved by Stuck in Customs

http://www.flickr.com/photos/stuckincustoms/6756753669/sizes/l/

hybrid-banner.png