Twitterの新たなプロモーションツール「モーメント」の活用方法

2016年9月、すべてのTwitterユーザーに開放された機能、モーメント。自分が「いいね」をしたツイート、気になるツイートなどをまとめて公開できる機能で、これをうまく活用することで、企業や店舗のプロモーションツールとしての活用も可能になる。そこで今回は、Twitterの新機能、モーメントの作成方法や効果的な活用方法について紹介しよう。

見せたい情報だけを効率的にまとめられるモーメント


2016年11月、国内のユーザー数が4,000万人を超えたTwitter。2008年4月に日本語版が公開されてから現在まで、常に多くのユーザーがさまざまな情報のやり取りを行っている。またTwitterはその拡散力の高さから企業のプロモーションツールとしても活用されている。2017年6月現在、国内最大級のフォロワー数を持つ企業はスターバックスジャパンで、そのフォロワー数は実に約380万人である。
これだけ多いユーザー数に対して、企業はどういったプロモーションをしていくべきか? その答えのひとつとなる可能性があるのが、昨年9月にすべてのユーザーに開放された機能、モーメントである。モーメントは基本的にはカテゴリーやユーザー別の情報を整理し、閲覧しやすくするための機能であり、広告用の新機能というわけではない。しかし使い方によっては見せたい情報だけを効率的にまとめられるという、これまでTwitterでは難しかったことができるようになり、プロモーションにも役立つ可能性を持った機能である。


モーメントとはどういった機能か?


では具体的にモーメントについて説明しよう。モーメントとはTwitter上で話題になっているニュース、人気のツイートなどをまとめる機能だ。作成したモーメントはTwitter上で公開することもできるし、自社のサイト上に埋め込むこともできる。Webやスマホアプリからも作成が可能で、自分のツイートだけでなく、ブロックされているもしくは非公開設定になっているツイート以外は、原則としてすべて自分のモーメントに利用することができる。

モーメントの閲覧方法


モーメントの作成方法の前にまずはWebやスマホからモーメントを閲覧する方法を紹介しよう。

1.Webでモーメントを閲覧する方法

画面左上の「ホーム」の右側にある「モーメント」をクリックする。最初の段階では「今日」、「ニュース」、「スポーツ」、「エンタメ」、「ユーモア」の5つのカテゴリーによるモーメントを閲覧することができる。ここで閲覧できるモーメントは自分の興味関心とは関係なくTwitter上で話題となっているツイートが自動で収集されてできたモーメントである。

2.スマホアプリ(iOS・Android)でモーメントを閲覧する方法

画面左下の「ホーム」の右側にある「虫メガネアイコン」(Android版は画面右上)をタップする。最初に表示される「おすすめトレンド」を下にスクロールすると「今日のモーメント」が表示される。カテゴリー別に閲覧したい場合はその下にある「カテゴリーを選ぶ」から見たいカテゴリーをタップする。内容はWebのものと変わらない。


モーメントの作成方法


続いてWeb、スマホアプリそれぞれでモーメントを作成する方法を紹介しよう。

1.Webでモーメントを作成する方法

画面左上の「ホーム」の右側にある「モーメント」をクリックする。画面右上にある「ツイート」の下にある「モーメントの作成」をクリックしてモーメント作成画面に移動する。モーメントは「いいねしたツイート」、「アカウント別ツイート」、「ツイート検索」、「ツイートへのリンクから」の4つからツイートを選択することができる。最初の段階では「いいねしたツイート」が表示されているので、自分のツイートからモーメントを作成するには「アカウント別ツイート」をクリックする。
モーメントに表示したいツイートを選択したら、画面一番上の「モーメントとタイトル」、「説明」を入力し、カバーにする画像を選択する。最後に画面右上の「モーメントを公開」をクリックして作成は完了する

2.スマホアプリ(iOS・Android)でモーメントを作成する方法

iOSの場合、プロフィール画面の「設定」ボタンをタップし、「モーメント」を選択する。Androidの場合はプロフィール画面上部にあるナビゲーションメニューアイコン、もしくはプロフィールアイコンのある方をタップし「自分のモーメント」を選択する。
右上の「+」(Androidの場合はメニューアイコン、もしくは「モーメントを作成」バー)をタップし「タイトル」、「説明」を入力する。カバー画像はiOSの場合は「タイトル」の上部にある画像アイコンをタップして選択、Androidの場合は、「タイトル」、「説明」を入力後、一旦「完了」をタップして、カバー画像アイコンをタップ、画像を選択する。
「ツイートを追加」をタップし、「自分のツイート」、「いいねしたツイート」、「検索」の3つの中からツイートを選択し、最後に画面上部にある「モーメントを公開」をタップすれば作成は完了する。

 

プロモーションツールとしてのTwitterの弱点を補うモーメント

 

Twitterは情報拡散性が高いもののフロー型であり、重要な情報でもすぐに流れていってしまう。そのため本当に見せたい相手に情報を見せるにはタイミングが難しい。逆にブログなどストック型のツールは過去の投稿を探すことは非常に簡単ではあるものの、よほどアクセス数のあるようなブログでもない限り、情報拡散性はかなり低い。モーメントはこのフロー型とストック型の両方のメリットを併せ持っており、そういった意味で企業にとっては力強いプロモーション機能であると言える。
これまでもTwitter広告や固定ツイートなど、タイミングを気にせずに見せたいツイートを表示させる方法もなかったわけではないが、広告は有料であること、固定ツイートは自分のプロフィール画面に誘導しなければ見せられないこと、さらに仮に見せられたとしてもどちらも1つのツイートだけで、連続してストーリーを持ったツイートを見せることはできないというデメリットがあった。モーメントはこれまでのそうしたプロモーションツールとしてのTwitterの弱点を補う機能として、大いに期待されている。

 

モーメントを最大限活用するためのツイート戦略

 

このモーメントを企業プロモーションとして最大限に活用するには、単に広告的なツイートを並べるのではなく、ひとつのストーリーとして、連続で見てもらえるような構成が必須となる。例えば企業の沿革や歴史を社員同士が会話形式でツイートしたものをまとめる。顧客が自社の製品やサービスについてツイートしているものをまとめる。社員が自社の商品やサービスを実際に使ってみている様子を連続でツイートするなど、さまざまなアイディアが考えられる。
通常は1つのアカウントで似たようなツイートを連続で投稿していくと、フォロワーにしつこく思われてしまうこともあるが、モーメントを活用して1日1~2回程度のツイートをあとでまとめる形にすれば嫌がられることもない。
このようにモーメントをうまく活用すれば、一つひとつは短い情報であっても、それをストーリーとして伝えることが可能になる。Twitterをプロモーションツールとして活用している企業、店舗はぜひモーメントを使うことをおすすめする。

参考:

hybrid-banner.png