[Googleタグマネージャ入門⑤]ネット広告ツールのタグ設定方法

ネットショップの売上や企業の資料請求数をアップさせるうえで重要な役割を果たすリスティング広告。ユーザーリストの蓄積や広告をクリックしたユーザーにおけるその後の行動を把握することは、効果的な広告配信において非常に重要な指針となる。Googleタグマネージャでは、アクセス解析ツールだけではなく、リスティング広告を運用している場合でも有効な活用が可能だ。そこで今回はGoogleタグマネージャ入門最終回として、リスティング広告ツールのタグ設定方法について紹介しよう。

Googleアドワーズのタグ設定-1-コンバージョントラッキング

GoogleタグマネージャでGoogleアドワーズのコンバージョントラッキングのタグ設定を行う前に、まずはコンバージョントラッキングがどういったものなのかを理解する必要がある。コンバージョントラッキングとは、Googleアドワーズが提供している無料のツールだ。広告をクリックしたユーザーが商品の購入、メールマガジンの登録、資料の請求、電話による問い合わせなどといったアクションを起こしたかどうかを把握することができる。これによって広告の正確な効果測定が行え、無駄のない効率的な広告配信が可能になる。

コンバージョントラッキングのタグ設定方法

では具体的にコンバージョントラッキングタグの設定方法について説明していく。まずGoogleタグマネージャのワークスペースで、「新しいタグを追加」を選択。「タグの設定」をクリックし、「タグタイプを選択」から「AdWordsコンバージョントラッキング」を選択し、分かりやすい名前を決める。コンバージョンIDとコンバージョンラベルの設定方法は以下の通り。

  1. Googleアドワーズの画面で上部にある「運用ツール」をクリックすると表示されるプルダウンメニューから「コンバージョントラッキング」を選択し、「コンバージョンアクション」の画面を表示させる。
  2. 「コンバージョンアクション」の画面で設定したアクションの名前をクリック、ページ下部にあるタグの中にある「google_conversion_id  = 」のあとに続く数字が「コンバージョンID」、「google_conversion_label  = 」のあとに続く記号が「コンバージョンラベル」になる。
  3. 「コンバージョン値」、「オーダーID」、「通貨コード」を必要に応じて入力する。もちろん特に決まっていなければ未記入でも問題はない。

トリガーの設定方法

タグの設定が終わったら、次にトリガーの設定でタグを配信する。特定のボタンやリンクがクリックされたとき、特定のページが表示されたときなど計測したい目的に応じてトリガーの設定を行う。仮にメルマガや資料請求の申し込み完了ページでタグを配信させたい場合は、トリガーの種類を「ページビュー」とし、発生場所を「一部のページビュー」とする。その下で「Page URL」を選択し、該当するURLを指定する。最後にタグ同様、トリガーに分かりやすい名前を決めれば設定は完了する。

Googleアドワーズのタグ設定-2-リマーケティングタグ

次にリマーケティングタグの設定を行う。これもまずはリマーケティングタグがどういったものなのかを理解することから始めよう。そもそもリマーケティングとはGoogleが提供している広告のひとつで、自サイトに一度でも訪問したことのあるユーザーに対してクッキーを発行し、GoogleやGoogleが提携しているサイトに自サイトの広告を優先的に表示させることをいうものだ。

通常、自サイトに訪問したユーザーが、資料請求や商品購入といったいわゆるコンバージョンを達成する確率は非常に低く、業種や商品・価格によっても大きく変わるが、一般的には2%から多くても10%程度といわれている。リマーケティング広告は、コンバージョンしなかった90%のユーザーに対し、もう一度自サイトに訪問してもらえるようにするうえで非常に有効な広告である。

リマーケティングタグの設定方法

リマーケティングの内容が分かったところで、リマーケティングタグの設定方法について説明していく。Googleタグマネージャのワークスペースで、「新しいタグを追加」を選択。「タグの設定」をクリックし、「タグタイプを選択」から「AdWordsリマーケティング」を選択し、分かりやすい名前を決める。コンバージョンIDとコンバージョンラベルの設定方法は以下の通り。

1.   Googleアドワーズの画面で上部にある「キャンペーン」をクリックすると表示されるプルダウンメニューから「コンバージョントラッキング」を選択し、「コンバージョンアクション」の画面を表示させる。

2.   画面左側にある「すべてのキャンペーン」から、「共有ライブラリ」を選択、「ユーザーリスト」をクリックする。

3.   リマーケティングリスト作成の「ウェブサイト訪問者」から「リマーケティングを設定」、そして次の画面で表示される「リマーケティングを設定」をクリックする。

4.   タグの設定手順を送信の下にある「サイト用のAdWordsタグを表示」をクリック。その下に表示されるタグの中にある「google_conversion_id  = 」のあとに続く数字が「コンバージョンID」になる。コンバージョンラベルは「google_conversion_label  = 」のあとに続く記号になるが、もしタグ内にこの記述がない場合は、タグマネージャのコンバージョンラベル内は空欄でも問題はない。

トリガーの設定の注意点
タグの設定が終わったら、次にトリガーの設定でタグを配信する。リマーケティングの場合、このトリガーの設定が、コンバージョン率を上げるうえで非常に重要になる。自サイトのどのページに訪問したユーザーに対してタグを配信するかは慎重に選択をしなくてはならない。すべてのページをトリガーに設定してしまうと、何となく訪問しただけのユーザーにとって、非常に迷惑な広告となってしまう。そこでランディングページに訪問したユーザーに限定する、特定のバナーをクリックしたユーザーに限定する、商品詳細ページに3分以上滞在したユーザーに限定するなど、限りなく資料請求や商品購入に近づいたユーザーに限定することで、無駄な広告配信を減らし、なおかつコンバージョン率のアップを実現する確率を上げることが可能になる。

Yahoo!プロモ―ション広告のタグ設定

次に紹介するのは、Yahoo!プロモーション広告のタグ設定方法。基本的にはGoogleアドワーズと変わらない。ただし「タグタイプを選択」の際にYahoo!プロモーション広告が設定されていないため、「カスタムHTML」を選択する。

カスタムHTMLでは、コンバージョンIDやラベルだけではなく、HTML自体を貼りつける必要があるため、Yahoo!プロモーション広告の管理画面で表示されるコンバージョンタグ、リマーケティングタグをすべてコピーして、貼りつける。そしてその下にある「document.writeをサポートする」にチェックを入れればタグの設定は終了する。

トリガーの設定方法

トリガーの設定方法はGoogleアドワーズと変わらない。リマーケティングの際の設定もGoogleアドワーズ同様に、ページやユーザーの行動をできるだけ限定するように注意すれば、設定完了となる。

設定に注意して効果的な広告配信を

無駄な広告配信は、コストが増えるばかりである。コストを抑え効率的な広告配信を行うには、ユーザーの行動を把握し、どういった広告が効果的なのかを確認する。そしていったん、離脱してしまったユーザーにいかにして戻ってきてもらうかを戦略的に検討しなくてはならない。Googleタグマネージャは広告配信においても手間を軽減し、効果的な広告配信を実現するためには非常に有効なツールである。リマーケティングのトリガー設定には注意し、ぜひ効果的な広告配信を実現してほしい。

 

参考:

hybrid-banner.png