[Googleタグマネージャ入門④]Googleタグマネージャでの複数サイトやサブドメインの設定方法

自社サイトから自社のEコマースサイトへ遷移するユーザーの行動や、サブドメインでブログなどを運営していて、そこからの遷移を1つのデータとして計測したい場合、アクセス解析だけでは非常に手間を要する。しかし、Googleタグマネージャを使えば手間をかけることなく簡単に計測が可能になる。そこで今回はサブドメイン、クロスドメインのデータ計測をGoogleタグマネージャで設定する方法を説明しよう。

クロスドメイン、サブドメイントラッキングの設定が重要である理由

自社サイトでアクセス解析を行う目的は、自社サイトに訪問するユーザー数、どこから訪問してきたか、ランディングページは? 離脱ページは? といったことを数字で把握するためである。しかし重要なことは、そこからなぜ、このページからの離脱者が多いのか? どういった遷移をしたユーザーが最終的に資料請求や商品購入に至ったのかなどを推測し、サイトの導線を修正していくことにある。つまりユーザーの遷移は、サイト改善の重要なヒントとなるのである。

ユーザーの遷移を知るためのポイントとなるクロスドメイン、サブドメイントラッキングの設定

自社サイトが同一ドメインですべて完結するのであれば問題はない。しかし多くの場合、商品購入のカートや資料請求のためのアンケートフォームなどのASPサービスを使うことで別ドメインになる、もしくはサブドメインでブログやショッピングサイトを運営するといったケースは少なくない。

こうした場合、単純に計測の対象となるページにトラッキングコードを埋め込んだだけでは、正確にユーザーの遷移を計測することができない。これを簡単な設定で解決するのがGoogleタグマネージャである。Googleタグマネージャであれば、クロスドメイン、サブドメイントラッキングの設定もすぐに行え、正確にユーザー遷移を計測でき、サイト改善にも大いに貢献する。

サブドメインの計測をする際のGoogleタグマネージャ設定

アクセス解析の際、サブドメインごとに別のユーザーとして計測されてしまうのは、Cookieが大きく関係している。Cookieとは、ユーザー情報をパソコンへ一時的に記録したり参照したりする機能で、Googleアナリティクスのユニバーサルアナリティクスでは、ブラウザのCookieにユーザーを識別するIDを保存する仕組みになっている。そのためCookieはドメインごとに作られ、何の設定もしなければ、サブドメインごとに異なるCookieが発行されることになる。この問題を解決するには、Googleタグマネージャとアナリティクスの両方で設定が必要になる。

Googleタグマネージャのサブドメイン設定方法

では順を追ってGoogleタグマネージャでのサブドメインの設定方法を紹介する。Googleタグマネージャのワークスペースで、「新しいタグを追加」を選択。「タグの設定」をクリックし、「タグタイプを選択」から「ユニバーサルアナリティクス」を選択。次に「詳細設定」から「設定するフィールド」選択し、グレーの「+フィールド」をクリックする。

「フィールド名」の空欄部分をクリックするとプルダウンメニューが表示されるので、その中から「cookieDomain」を選択。「値」は「auto」と入力し、ページ右上の「保存」をクリックする。これでGoogleタグマネージャでの設定は終了。通常は別々に記録されるCookieが統一できるようになる。

Googleアナリティクスでの設定が必要な理由

サブドメインの設定はGoogleアナリティクスのほうでも行う。なぜならGoogleアナリティクスはリクエストURIが同じ場合、同一のページとして計測してしまうからである。これがどういうことかを以下で説明しよう。

自社サイトのURLが
http://aaa.com/index.htm
だったとする。この場合、
aaa.com
がホスト(ドメイン)名
index.htm
をリクエストURIと呼ぶ。
そして、Googleアナリティクスがアクセス解析のレポートとして表示するのは、実はリクエストURIだけである。これがどういうことかというと、
http://aaa.com/index.htm

の下層に
http://blog.aaa.com/index.htm
というブログのサブドメインがあった場合、レポートとして表示されるリクエストURIはどちらも

Index.htm

ということになる。つまり同じページとしてまとめて計測されてしまう。これでは正確なユーザー遷移が分からなくなるため、Googleアナリティクスでもサブドメインの設定が必要になる。

Googleアナリティクスでの設定方法


Googleアナリティクスでの設定方法は、まず該当するサイトのビューを開き、ページ左下にある「管理」を選択、一番右側の「ビュー」から「フィルタ」を選択し、「+フィルタを追加」をクリックする。
「フィルタ名」は自分で分かりやすい名前を入力する。「フィルタの種類」は「カスタム」をクリックし、「詳細」を選択。「フィールド A -> 引用 A」は「フィールドを選択」で「ホスト名」を選択し、空欄には「(.*)」と入力。
「フィールド B -> 引用 B」は「フィールドを選択」で「リクエストURI」を選択し、空欄には「(.*)」と入力。
「出力先 -> 構成」は「フィールドを選択」で「リクエストURI」を選択し、空欄には「$A1$B1」と入力する。これでリクエストURIは「index.htm」だけではなく、ホスト(ドメイン)名+リクエストURIとして計測されるようになる。


クロスドメインの計測をする際のGoogleタグマネージャ設定


次にクロスドメイン設定方法を紹介する。「設定するフィールド」を選択するところまではサブドメインと同じで、「フィールド名」はプルダウンメニューから「allowLinker」を選択。「値」は「true」と入力する。
続いて「詳細設定」の中の「クロスドメイントラッキング」を選択。「自動リンクドメイン」の空欄の中には、計測したいすべてのドメインをカンマ区切りで入力する(http://は不要)。これでGoogleタグマネージャでの設定は終了。なお、Googleアナリティクスの設定はサブドメイン設定と変わらない。


Googleアナリティクスで参照元の除外を忘れずに

 

クロスドメイン設定の場合、Googleアナリティクスでもうひとつ設定を行う必要がある。通常、Googleアナリティクスでは、参照元が変わるたびに自動で新しいセッションが開始される。つまりクロスドメインの場合、それぞれのドメイン間を行き来するたびに新しいセッションが始まってしまい、別々のユーザーと判断されてしまうことになる。これを避けるため参照元の除外を行い、新しいセッションではなく1回のセッションとして計測するように設定する必要がある。
設定方法は、該当するサイトのビューを開き、ページ左下にある「管理」を選択、真ん中のプロパティの「トラッキング情報」を選択し、「参照元除外リスト」を選択。「+参照の除外を追加」をクリックし、除外したいドメインを入力したら「作成」をクリックする。


設定をしっかりと行うことで正確なアクセス解析を


アクセス解析を行ううえで、サブドメイン、クロスドメインのデータ計測は非常に重要となる。ユーザーの遷移を正確に把握しないことには、有効なサイト改善が行えない。以前は非常に困難であった設定も、Googleタグマネージャを使えばほんの数分で可能になる。ブログやショッピングサイトなどを自社サイト内で運用している場合は、ぜひこの設定を活用し、有効なサイト改善を行ってほしい。次回は最終回としてネット広告ツールのタグ設定を紹介する。

 参考:

 

hybrid-banner.png