[Googleタグマネージャ入門③]さまざまな条件で計測するためのタグ、トリガー設定方法

自社サイトやEコマースサイトなどで、さまざまな計測をする際、アクセス数については基本的に全ページを計測するため、細かい設定は必要ない。しかし「特定のページにあるボタンがクリックされた回数を計測したい」、「スマホサイトで電話番号コンバージョンの計測をしたい」といった個別のデータを計測するには、それぞれにタグやトリガーの設定が必要となる。そこで第3回の今回は、Googleタグマネージャで特定の条件の場合のみデータを計測するための、タグとトリガー設定方法について説明しよう。

特定ページだけのデータを計測するためのタグ、トリガー設定
まずは特定のページのデータを計測するためのタグ、トリガー設定の方法を紹介する。例えば自社サイトであれば、資料請求、問い合わせ完了ページ、Eコマースサイトであれば購入完了ページのコンバージョンタグを配信するなど、Googleタグマネージャを扱ううえで、最初に覚えておくべきトリガー設定の基本である。

特定ページのページビューを計測するタグ、トリガー設定
ここでは例として、問い合わせ完了ページのページビューを計測するためのタグ、トリガー設定を紹介する。Googleタグマネージャのワークスペースで、「新しいタグを追加」を選択。「タグの設定」をクリックし、「タグタイプを選択」から「ユニバーサルアナリティクス」を選択。次に「タグの設定」でトラッキングIDを入力したら、トラッキングタイプで「ページビュー」を選択する。これでタグ設定は完了する。
次にタグの下にある「トリガー」、右上の「+」、「トリガーの設定」をクリックする。次いで「トリガーのタイプを選択」で「ページビュー」をクリック。「このトリガーの発生場所」で「一部のページビュー」を選択。そして「Page Path」、「等しい」を選択する。

Page Pathの設定方法
「Page Path」、「等しい」の右隣にある空欄にはPage Pathを記載する。ここでいうPage PathとはそれぞれのPageのURL。例えば問い合わせ完了ページのURLが「https://****.com/ contact/」の場合、空欄に記載するURLはドメイン名を除いた「contact/」になる。これでページ右上にある「保存」をクリック、ポップアップで出てくる「トリガー名の変更」でトリガー名を入れ、「保存」をクリックすればトリガー設定完了。最後にタグの名称を入れ保存をする。

特定のディレクトリ以下すべてを計測する際のトリガー設定
次に特定の1ページではなく、特定のディレクトリ以下すべてのページを計測するためのトリガー設定方法を紹介する。「このトリガーの発生場所」で「一部のページビュー」を選択するまでは、特定のページのトリガー設定と同じである。しかし、次に選択するのは「Page Path」ではなく「Page Hostname」を選択、その次に「等しい」を選択し、URLにはドメイン名を入力する。
トリガー設定はこれで終わりではない。次にURL記載欄の右隣にある「+」をクリックする。下に同じものが表示されるので、ここでは「Page Path」、「先頭が一致」を選択する。そしてURL記載欄には計測したいディレクトリ名を入力する。「保存」から先は特定ページのトリガー設定と変わらない。

訪問者がアクションを起こしたときのデータを計測するタグ、トリガー設定

特定のページ計測の次は、リンクやバナー、ボタンクリックなど訪問者が特定のアクションを起こしたときのデータを計測する際のタグ、トリガー設定について紹介する。

クリック計測はタグ設定のイベントで行う

リンクやバナー、ボタンなどのクリック計測を行うには、まずはタグの設定を行う。やり方は特定のページ計測と同じだが、最後のトラッキングタイプの選択で「ページビュー」ではなく「イベント」を選択する。するとその下に「カテゴリ」、「アクション」、「ラベル」、「値」という入力欄が表示される。ここにそれぞれわかりやすい名称を入力していく。例えば資料請求ボタンのクリックを計測したい場合、「カテゴリ」には「ボタンの計測」、「アクション」には「クリック」、「ラベル」には「資料請求ボタン」と入力する。静的なボタンクリックの計測であれば「値」に関しては未入力でも問題はない。

クリック計測でのトリガー設定

タグ設定が終わったら次に行うのはトリガー設定。タグの下にある「トリガー」をクリック。「トリガーの選択」でページ右上にある「+」をクリックする。次に「トリガーの設定」をクリックし、「トリガーのタイプを選択」から「すべての要素」を選択する。
「このトリガーの発生場所」で「一部のクリック」を選択し、「page URL」、「等しい」を選択。続いて資料請求ページのURLを入力する。これでページ右上にある「保存」をクリック、ポップアップで出てくる「トリガー名の変更」でトリガー名を入れ、「保存」をクリックすればトリガー設定完了。最後にタグの名称を入れ保存をする。

スマホサイトで電話番号コンバージョンの計測するためのタグ、トリガー設定

続いては、スマートフォンからのサイト閲覧、商品の購入、問い合わせが増えている今、重要となる電話番号がタップされた回数。これを電話番号コンバージョンと呼ぶ。ここではこの電話番号コンバージョンを計測する際のタグ、トリガー設定を説明する。なお、この計測にはGoogleアドワーズのコンバージョンタグが必要となるため、事前に取得しておくことをおすすめする。

Googleタグマネージャの変数を追加する

まずワークスペースのページ左側にある「変数」を選択。「設定」をクリックし、「組み込み変数の設定」からクリックの「Click URL」にチェックを入れる。「設定」のところに自動的に「Click URL」が追加されるのでそれを確認したら、変数の追加は完了となる。

タグ設定を行う

ワークスペースで、「新しいタグを追加」を選択。「タグの設定」をクリックし、「タグタイプを選択」から「Adwordsコンバージョントラッキング」を選択。次に「タグの設定」でトラッキングIDを入力したら、トラッキングタイプで「ページビュー」を選択する。「コンバージョンID」、「コンバージョンラベル」は事前に所得したコンバージョンタグから必要部分を抜き出して入力する。「コンバージョン値」、「オーダーID」、「通貨コード」は特に決まっていなければ未記入でも問題はない。

トリガー設定を行う

タグの下にある「トリガー」をクリック。「トリガーの選択」でページ右上にある「+」をクリックする。次に「トリガーの設定」をクリックし、「トリガーのタイプを選択」から「リンクのみ」を選択する。「タグの配信を待つ」、「妥当性をチェック」にチェックを入れ、「page URL」、「含む」、「サイトURL」を入力。「このトリガーの発生場所」で「一部のクリック」を選択し、「Click URL」、「含む」、「tel:」と入力。これでページ右上にある「保存」をクリック、ポップアップで出てくる「トリガー名の変更」でトリガー名を入れ、「保存」をクリックすればトリガー設定完了。最後にタグの名称を入れ保存をする。

設定後はプレビューを忘れずに

どの計測方法も一度覚えてしまえば、2回目からはすぐに設定ができるだろう。ただし設定したつもりでいて、あとになってからうまくいっていなかったとなれば、その間の計測はゼロになってしまう。そのためどの計測方法も設定後に必ずプレビューをして正しく設定されていることを確認することを忘れずに。次回は複数ドメインやサブドメインの設定方法を紹介していく。

参考:

hybrid-banner.png