[Googleタグマネージャ入門②]Googleタグマネージャ導入後にまず行うべき設定

Web担当者にとって煩雑化するタグ管理の解決策として、導入を決めたGoogleタグマネージャ。しかし、当然ながらタグ管理が楽になるからといって、アカウント登録・設定を正しく行っていなければ、利用することはできない。
またGoogleタグマネージャを使ううえでの専門用語である「スニペット」、「コンテナ」、「マクロ」などの意味を理解する必要もある。そこで「Googleタグマネージャ入門」第2回の今回は、Googleタグマネージャ導入後に行うべき設定と用語の解説をする。

Googleタグマネージャのアカウント開設方法

GoogleタグマネージャはGoogleアカウントさえあれば無料で利用が可能。アナリティクスやアドワーズを使っていれば、Googleアカウントはあるはずなので、早速Googleタグマネージャのアカウント開設に進もう。

アカウント登録はGoogleタグマネージャ公式サイトから

まずはGoogleタグマネージャ公式サイトにある「いますぐ登録」をクリックする。すると「新しいアカウントの追加」画面に遷移する。ここでアカウント名を決める。企業やWebショップなどで利用する場合、企業名や店舗名を入れることが一般的だが、特に決まっているわけではないため、社内のほかの担当者が見ればすぐ分かる名前にしておけば問題はない。
また2つ以上のサイトを運営している場合であってもGoogleタグマネージャは1つのアカウントで運営が可能である。サイト1つにつきGoogleタグマネージャも1アカウント取得する必要はない。
ちなみにアカウント名入力欄の下にある「Googleや他の人と匿名でデータを共有」にチェックを入れると、匿名でデータを提供する代わりに、他社のサイトデータと自社のデータを比較するサービスの利用が可能になる。このチェックに関しては、いかに匿名とはいえ、自社のデータを他社と共有することになるため、必ず責任者の判断を仰ぐようにしたほうが無難だろう。

アカウント名の次はコンテナの設定

アカウント名を入力したら、「続行」をクリックする。次に行うのはコンテナの設定。コンテナに関してはあとで詳しく解説するが、ここではタグを管理する場所(ウェブ、アプリ、iOSなど)をどうするかを決めると理解しておけば問題はない。
「コンテナ名」(通常はWebサイト名)を入力し、企業や店舗で利用するのであれば、コンテナはウェブを選択し「作成」をクリック。Googleタグマネージャ利用規約が表示されるので右上の「はい」をクリック(2017年2月現在、日本語での表記はない)すればアカウント登録は終了する。すぐにログインしているGoogleアカウントに登録完了メールが届く(残念ながらこれも英語)

Googleタグマネージャを扱うための用語を理解する

Googleタグマネージャにアカウント登録したら、すぐにでも設定を行い運用を始めたいところだが、その前にGoogleタグマネージャ独特の用語について確認をしよう。前項で出てきたコンテナも含め、これらの専門用語が事前にわかっていれば、後々になってつまずくこともなくなる。

「コンテナ」とはタグを管理する場所

「コンテナ」とはタグを管理する箱のようなもの。この「コンテナ」の中にアナリティクスやアドワーズのタグを入れていく。
「コンテナ」は基本的には1サイトにつき1つ。仮に3つのサイトを管理するとなると、3つの「コンテナ」を設置すれば管理は非常に楽になる。逆に3つのサイトで「コンテナ」1つなどといったことは通常は行わない。

「コンテナスニペット」とはgoogleタグマネージャとサイトの橋渡し役

次に「コンテナスニペット」。これは複数のタグが入ったコンテナを自社サイトのHTML内に記述する際のコードのこと。この「コンテナスニペット」を自社サイトの内との直後の2か所に設置する。

「タグ」とはさまざまなツールで発行されるコード

ここまでGoogleタグマネージャの解説としておきながら、「タグ」について触れていなかったため、ここで簡単に解説する。「タグ」とはアナリティクスやアドワーズなどそれぞれのツールで発行されるコードである。通常はサイトのHTML内にツールで発行されるすべてのタグを記述しなくてはならない。これをすべてコンテナに入れ、1つのタグ(スニペット)にまとめたのが、Googleタグマネージャである。

「トリガー」が行うのはタグの配信管理

タグを設置したあとに「トリガー」の設定を行う。この「トリガー」とはどういった条件でタグを配信するかを決めるものである。例えば、「あるページ内でボタンがクリックされたときにだけ計測タグを配信する」「Aのページに5回以上同じユーザーが来たときだけ計測タグを配信する」といった形で設定する。「トリガー」で設定できるのはページビュー、ボタンのクリック、フォームの送信、または自分で定義したカスタムイベントとなっている。

Googleタグマネージャの設定方法

Googleタグマネージャを導入し、アカウント登録、専門用語の理解を終えたら、いよいよ設定を行う。ここでは基本となるGoogleアナリティクスの設定について見ていこう。ちなみに前項で解説した「コンテナスニペット」を自社サイトに記述まで終えていることを前提として話を進めていく。

まずは新しいタグの設定を行う

Googleタグマネージャのワークスペースを選択し、「新しいタグ」をクリックする。次に「タグの設定」をクリックし、タグタイプの中から一番上にある「ユニバーサルアナリティクス」を選択する。
トラッキングIDが求められるのでGoogleアナリティクスでトラッキングIDをコピーし、貼り付け、トラッキングタイプはページビューにする。次に「タグの設定」の下にある「トリガー」でアナリティクスのタグが配信される条件を選択する。ここでは表示されている「All page」を選択する。これでサイトの全ページのアクセスデータが取得できる。
最後にこのタグに名前をつける。特にルールはないが、自分以外の担当者が見てもすぐにGoogleアナリティクスのタグであることが分かるように「GA」やそのまま「アナリティクス」などと付けるといいだろう。名前をつけたら保存をクリックし終了。

ワークスペースで公開をクリックすれば計測開始

保存を押しただけでは、まだ計測は始まらない。ワークスペースの画面に戻り画面右上にある「公開」をクリックしてはじめてアナリティクスの計測がスタートする。ボタンは「公開」のほかに「プレビューとデバック」と「バージョンを作成」の2つがある。すぐに公開にせず、「プレビューとデバック」をクリックすれば、エラーがないかどうかの確認が可能になる。

Googleタグマネージャ導入後、数分で計測開始も可能

ここまでGoogleタグマネージャのアカウント開設、そしてGoogleアナリティクスの計測タグ設置と解説してきた。「コンテナスニペット」さえ自社サイト内に記述してしまえば、あとはものの数分で計測開始も可能になる。導入はしたものの、設定が面倒なのではといった不安はなくなったのではないだろうか?
今回は最初ということで一番基本となるGoogleアナリティクスで全ページのページビューを計測するタグの設定方法を解説した。しかしGoogleタグマネージャはトリガーを使えばもっと複雑な設定も可能になる。次回以降ではさまざまな条件での設定方法、そして複数のタグの管理などについて解説していく予定である。


参考:

hybrid-banner.png