SNSに素敵な画像をアップするには?

企業のプロモーションに欠かせない存在となったSNS。多くの人に投稿を見てもらうためには、画像選びも重要だ。しかし、良い画像がなかなか見つからない、有料サービスは予算の関係で利用できないなどの悩みをかかえている担当者も多いのではないだろうか? 小さな企業でも実践できる、画像づくりのコツとおすすめのサービスを紹介する。

自分で撮影する

SNSの投稿内容にぴったり合う写真を用意したいなら、自ら撮影するのが最も近道だ。その場合、できるだけ背景がすっきりしたスペースで撮影を行おう。写真撮影では光がとても重要になるので、窓からの自然光が入る場所を選ぶのがおすすめだ。

最近はスマートフォンのカメラでも高画質の撮影ができるので、必ずしも高価なカメラをそろえる必要はない。ただし、スマートフォンでの撮影は手ブレしやすいので、撮影時には手をしっかり固定することを意識するとよいだろう。

画像を加工する

自分で撮影した写真はそのままアップするのではなく、明るさやコントラストを調整したり、不要な部分をトリミングしたりすると見栄えがぐっと良くなる。こちらも簡単な加工なら、無料で利用できるスマートフォンのアプリがたくさんあるので、ぜひ活用してみてほしい。レタッチソフトとして有名なPhotoshopも、スマートフォン向け無料アプリ「Adobe Photoshop Express」がリリースされているので、このようなものも利用するとよいだろう。

また、パソコン向けの画像加工ソフトにも、たくさんのフリーソフトがある。本格的な機能を備えた「GIMP」や、使いやすい見た目の「Paint NET」、Web上で利用できる「Pixlr」などが代表的。難しい設定がわからない場合でも、各ソフトに搭載された「自動調整」機能を使ったり、明るさを変えたりするだけで写真の美しさはアップするはずだ。

フォトストックを活用する

自分で写真を撮影するのが難しい場合には、フォトストックを利用すると便利だ。しかし、無料のフォトストックの写真は、他のサイトでも頻繁に利用されていて新鮮味がない……と感じることも多いもの。そのような時には、海外のフォトストックサービスで写真を探してみてはいかがだろうか? 以下に無料で利用できるサービスで、商用利用可能な写真も用意されているサイトを紹介する。

  • IM FREE
    「ビジネス」「フード&ドリンク」などのカテゴリーから写真を探せるサイト。写真だけでなく、ウェブサイトのテンプレートやアイコンも用意されているので、幅広く活用できるのもメリットだ。
  • Death to Stock Photos
    メールアドレスを登録すると、さまざまなジャンルの写真の中から毎月10枚程度がメールで送られてくる。必要な写真をすぐに手に入れたい場合には向かないが、すべて商用利用可能なので登録して写真を集めておくと便利だ。
  • PHOTO PIN
    多彩な写真をキーワードから探せる画像サイト。検索時に「Commercial」にチェックを入れれば、商用利用可能な写真だけが表示され、サイズも好みのものを選べる。なお、写真の使用には著作権表示が必要となる。

SNSでは、写真が使われている投稿のほうがシェアや「いいね!」を得やすい傾向がある。以上の情報を参考に、ユーザーを引きつける魅力的な写真をアップしてほしい。

 


参考:

hybrid-banner.png