リスティング広告の効果をアップさせるために、もう一度考えたいポイント3つ

リスティング広告を始めるために、予算を組み、キーワードを選定し、運営をスタートしてみたのはいいものの、いまいち効果が出ているのか、実感がつかめない。
リスティング広告がうまくいかないと悩んでいたら、今回ご紹介する3つのポイントについてもう一度考えてみてはいかがだろうか?

リスティング広告の効果を高める3つのポイント

1.成果につながるキーワードを狙う
リスティング広告の最大のポイントとなるのはキーワード選定。限られた予算で成果を出すためには、見込み客が集まりやすい「成果につながるキーワード」を設定する必要がある。
例えば、Webコンサルタントの会社が「Webマーケティング」で広告を出しても、効果を出しにくいのは想像できるだろう。さらに、人気のあるキーワードほど競合サイトも入札していることが多く、入札単価が高騰しやすい。そんなときにおすすめなのは、ロングテールキーワード。
自社が求めているターゲット像を明確にし、オファーできるものをリストアップしてみよう。このときユーザーの立場に立って、「どんなキーワードを入れて検索するだろうか?」ということを考えてみてほしい。

2.広告文は目的を絞ってシンプルに
間違いやすいパターンとして、アクセスアップのためにリスティング広告文を考えてしまうということが挙げられる。リスティング広告を出稿する目的は、Webサイトのアクセスアップではなく、その先の成約をとることにある。だからこそ、広告文をつくるときは、購入につながりやすいように、成約にゴールを絞ってオファーを考えよう。
また、短い広告文の中に、できるだけ多くの情報を入れようとしがちだが、複数の情報を入れるだけ効果は半減してしまう。オファーによって得られるメリットをシンプルに1つだけ提示しよう。
ユーザーにとって最も魅力的なオファーを用意するためには、狙っているキーワードを検索して、競合が何をオファーしているかについての徹底的なリサーチをしよう。競合をはるかに上回るオファーを用意することで、比較されても優位に立つことができる。

3.最新の自動入札ツールに頼る
最新の技術に頼るという手もある。EC向けシステム開発を手掛けるロックオン社が開発した自動入札ツール、「ヒト型ポートフォリオ」がある。
同ツールは、大手代理店での運用経験を積んだリスティング運用のプロフェッショナルが開発チームに参画し、運用者の入札戦略をアルゴリズム化したものである。「予算」と「目標効率」を設定するだけで、人が運用しているような、最適な入札を自動で行ってくれるという。
従来のポートフォリオ型の自動入札ツールにあった、「仕組みがよくわからない」「設定項目が多くて使いにくい」「分かりづらくて使いにくい」などという課題にうまく対応しているので、自動入札ツールに抵抗があった人にもなじみやすいのではないだろうか。

慣れて、慣れて、うまくなろう

リスティング広告の最適化を進めていけば、慣れてくるのは時間の問題だ。そのためにも、今回ご紹介した3つのポイントをもう一度見直していただきたい。探究していく中で、手ごたえがつかめるキーワードや広告文、ツールに出会えるときがやってくるはずだ。慣れることを意識して、手探りをしながら答えを導き出そう。


参考:

hybrid-banner.png