売りつけると売れなくなる時代の新発想!インバウンドマーケティングに迫る

プッシュ型のマーケティングがお客様を逃す原因になっていることをご存じだろうか? テレマーケティングや、ダイレクトメールで売り込めば、逆に嫌がられ、お客様は遠ざかる。
それとは異なる手法として、昨今話題になりつつあるのが「インバウンドマーケティング」である。これは、どのようなものだろう? テレマーケティングに代表される「アウトバウンド」から「インバウンド」へと移り変わる、現代のマーケティングトレンドをご紹介しよう。

インバウンドマーケティングとは?

マーケティングは、お客様へのアプローチ方法の違いによって、2種類に大きく分けられる。アウトバンドマーケティングとインバウンドマーケティングだ。アウトバウンドは、企業がお客様へ一方的にアプローチし、インバウンドはお客様自身が企業へアプローチするという考え方である。以下に2つのアプローチ手法を並べたので、ご覧いただきたい。

  • アウトバウンドマーケティング

テレビ・ラジオCM、新聞・雑誌広告、テレマーケティング、ダイレクトマーケティング

  • インバウンドマーケティング

ブログ、動画、SEO、ソーシャルメディア、電子レター・書籍

広告が溢れている現代、お客様は押し売りをされることに飽きあきしている。さらにプッシュしたところで、嫌がられるのがおちである。「欲しいものくらい、自分で見つけさせてほしい。」と思うのが本音ではないだろうか。
インバウンドマーケティングに注目が集まっている背景には、お客様の購入までの行動の変化にある。もうテレビなどのマスメディアで大々的に広告を打てば物が売れる時代は終わっている。それにも関わらず、マーケティングが変わらないのはおかしい。
そんな現代のお客様に合わせたマーケティングを行っていこうという発想から登場したのが、インバウンドマーケティングというわけだ。

マーケティングは「見つけてもらうもの」へ

お客様が欲しい情報を探すとき、使われるインターネット。実店舗で買い物をするときですら、スマートフォンを片手に他店と価格を比較できるという時代に突入しているのだ。そんなときに、お客様が自社の情報を見つけやすいようにするべきことを考えよう。
例えば、お客様が欲している情報を先読みして、それにまつわる記事をコンテンツマーケティングの一環としてブログに充実させておく。発信したら喜ばれるであろう情報をあらかじめ電子レターやメールマガジン、動画にしておく。
アウトバウンドマーケティングのように、お客様に一方的にアプローチするというよりは、インターネット上でお客様が欲しいと思ったときに、自社を見つけてもらいやすいように工夫していくのがインバウンドマーケティングといえる。

見込み客を購入者へと育てるステップが重要

インバウンドマーケティングのメリットは、アウトバウンドに比べて宣伝費にお金がかからないことにある。しかし、自社での活動がメインとなるので、Web担当者がある程度の知識を持ち合わせておく必要がある。
売り込みをしないマーケティングというのは、まだ目新しい考え方である、実際に何をしていけばいいのかわからないという担当者も多いはずだ。
見込み客を引きつけるためには、コンテンツマーケティングに力を注いでおくべきだろう。あとは、Web上でどれだけ見込み客を購入客へと変えていけるかが重要となる。すぐに購入に直結しなくても、あせる必要はない。メールマガジンに登録してもらったり、ソーシャルマガジンでつながったりするなどして、一歩ずつステップを踏みながらお客様を育てていこう。

適度な距離を保ち続けよう

売り込まれていると感じると、バリアを張ってしまうお客様がほとんどだ。インバウンドマーケティングでは、見つけてもらうことを念頭において、一方的なアプローチにならないように注意しよう。適度な距離を保ちながら、お客様を見込み客から購入客へと変えていき、売り上げを伸ばしていきたいものだ。


参考:

hybrid-banner.png