TVCMで話題のニュースアプリGunosy(グノシー)の広告 Gunosy Ads成功の法則

ウルトラマンのCM(2014/3~)でおなじみのキュレーションニュースアプリ「グノシー(Gunosy)」。スマートフォンユーザーの必須ツールになりつつあるこのアプリは、2014年5月には400万ダウンロードが見込まれています。

さて、Gunosyのフィード内に「Sponsored」という広告枠があるのはご存知でしょうか?今回は着々と浸透しつつあるGunosyの広告「Gunosy Ads」について、お話をしたいと思います。

■Gunosy(グノシー) とは

Gunosy(グノシー)

 人々の興味を学習し、最適化した情報を届けるパーソナルマガジン(公式サイトより)。ログイン時にFacebookやTwitterのIDを使用し、またセットアップの際に、興味のある情報を選択、そのユーザーの興味関心にあわせて、集めた記事を配信するアプリです。記事の閲覧も加味して最適化しているようで、利用すればするほど、自分にあった記事が集まるようになります。

 これまでは朝刊、夕刊の1日2回更新でしたが、2014年2月のアップデートにより、ユーティリティな記事配信が増え、これまでの朝刊、夕刊型のシンプルなサービスは「Gunosy Lite」という別アプリとなっています。アプリも「グノシー」とカタカナ名称になり、印象的な紙飛行機がデザインされています。

 2014年3月ビジネスパーソンに対するMMD研究所の調査では、ニュースアプリとしてはYahoo!ニュース、SmartNewsに次ぎシェア3位ではあるものの、TVCM効果により、インストール数は急増していると見込まれます。また、同調査では、ニュースアプリユーザーの実に77.8%がほぼ毎日利用しているという結果となっており、アクティブユーザーの多さが特徴的です。

■Gunosy Adsの特徴

 Gunosy Adsはグノシーの記事と記事の間に広告掲載がされます。「Sponsored」と記載があること以外は、見た目には記事との境目がわからないネイティブアドのような仕様となっています。最大の特徴は「クラスタ別配信」です。ファッション、エンタメ、キャリア、旅行など、25種類の趣味属性カテゴリ「クラスタ」にあわせて広告配信のコントロールが可能となります。リンクはWeb、アプリ双方を選択でき、OS別の配信も可能となります。

■Gunosy Adsの仕様と注意

【最低出稿金額】

ネットで500,000円からとなりますが、期間の指定はございません。半年でも1年でもOKですが、広告表示回数やクリック率が非常に高いため、期間が長い(=日予算が低い)とコントロールが非常に難しくなり、オススメできません。

【クラスタ別配信】

25種のクラスタ別に広告配信が可能です。しかし、配信したくないクラスタを停止することはできません。クラスタ別の最低入札単価は1円となり、1円の入札であればほぼ広告配信はされません。また、クラスタの選択はANDではなく、OR条件になりますので、複数クラスタへ配信を希望される場合は、配信先(ユーザー)が広がっていきます。

【課金形態】

CPC、CPMの双方を選択できます。クリック率(CTR)が高いので、CPCのほうに割高感が出ます。

【出稿準備】

画像:大画像360px×600px 小画像160px×160px 1MB以下

テキスト:タイトル 25-32文字 本文50-75文字 ※本文はGunosy Liteのみの配信となります。

Gunosy_広告掲載イメージ

【コンバージョンとコンバージョンテスト】

コンバージョンはGunosyタグでも、一部外部ツールでも計測可能です。テストはGunosyサイドでチェックいただきますので、テストに伴う課金や、テストCVが管理画面に反映されることはありません。後発の広告らしく、よく分かっていらっしゃいますね!ありがとうございます!

■ここをチューニング!

①記事を意識しましょう

ユーザーはニュースを見ています。GunosyAdsのインターフェイスはネイティブアドなので、出稿する広告も、極力記事に近づけましょう。クリック率(CTR)に大きく差がでます。

②広告訴求をマメに変更

ユーザーは毎日朝夕刊の更新+αでアプリを見ます。さすがに同じ広告がずーっと出ているとユーザーは飽きてしまいますので、せめて2週間に1回を目安に訴求を変えていきましょう。

③配信最適化への対策

広告には、CPA(獲得単価)、CTR(クリック率)に向かって最適化がかかります。複数広告を出稿していても、CPAの低いもの、CTRの高いものが優先配信されます。非常に配信が偏るので、極端に成果の低いものは配信を停止し、広告を変更してしまうことをお勧めいたします。

④クラスタのチョイス

クラスタ別に成果確認が可能です。成果の高いクラスタを優先配信させて、成果を伸ばすことが可能です。意外なクラスタで成果が出る可能性もありますので、他の広告の属性情報を参考に、また、他の広告の属性情報配信への参考に利用してみてください。

■まとめ

ネイティブアドのトレンドに乗った広告ですので、出稿側(広告主、広告代理店)も意識の変革が必要です。特にコンテンツマーケティングに取り組んでいるようなサイトであれば、コンテンツ記事の流用をすることにより、手間をかけずにユーザーの誘導が可能となります。

競合のAntennaもローラさんを使ったTVCMを開始しましたし、先日リリースのあったYahoo!のコンテンツディスカバリーもキュレーションを意識したものだと推察できます。ニュース≒Yahoo!の時代に変革が訪れています。今後盛り上がっていくと思いますので、取り組んでみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

GunosyAds運用はお任せください!

hybridmarketingロゴ

※ロゴのリンク先よりお問い合わせください。

※コンテンツマーケティングのご相談も承ります!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【参考】

・株式会社Gunosy http://gunosy.co.jp/

※アプリ画像は株式会社Gunosy様のサイトより転用しております。

・MMD研究所「7割以上のビジネスパーソンがスマートフォンでの情報収集はポータルサイトを利用」 https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1299.html

・ヤフー株式会社プレスリリース「Yahoo!コンテンツディスカバリー」 http://pr.yahoo.co.jp/release/2014/05/30a/

・Antenna https://antenna.jp/

photo credit: izahorsky via photopin cc

hybrid-banner.png