リターゲティング?インタレストマッチ?今更聞けないディスプレイ広告の基本

「リターゲティング」「インタレストマッチ」・・・色々あって分からない!このような経験をWebマーケティングに関わり始めたばかりの方は、一度は経験した事があるのではないでしょうか?これらの言葉をまとめて「ディスプレイ広告」といいます。ディスプレイ広告は幅広いユーザーへアプローチできる広告の為、Webプロモーションを考える上で必要不可欠になっています。

なんでディスプレイ広告は大切なの?

一言にディスプレイ広告といっても、広告の種類は様々です。一度サイトに訪れたユーザーに配信し、コンバージョン獲得を狙っていく広告から、ユーザーの興味関心に合わせて配信し、新規顧客増加を目指す広告など、広告主の意向に沿った配信方法を選べるのもディスプレイ広告の魅力の一つでしょう。

The Online Publishers Associationの2009年調査では、ユーザーが検索に費やす時間はわずか5%程度だと言われています。ディスプレイ広告では残り95%にリーチすることが可能となります。

じゃあ、いったいどんな種類があるの?

アドテクノロジーの発達はスピーディであり、次々と新しい手法がリリースされています。直近ですとGoogleのダイナミックリマーケティング、Yahoo!のサーチターゲティング等がリリースされ、また少し前にリリースされたGoogleの類似ユーザーターゲティングも注目されています。

それらの新しい手法ももちろん押さえておきたいところですが、今回は、馴染み深いGoogle、Yahoo!の2媒体にしぼり、基本となる「リターゲティング」「インタレストカテゴリターゲティング」「サイトカテゴリターゲティング」「コンテンツターゲティング」「インタレストマッチ」「プレースメントターゲティング」の6つを紹介します。

サービスマップ

■リターゲティング

実際にサイトに訪問したユーザーに向けて、広告を配信する手法です。つまり、顕在層に限定して広告配信が出来る為、一般的に刈り取り施策として利用される事が多く、Webプロモーションを行う上で、一度は導入の検討を考えるべき手法と言えるでしょう。Google AdWordsでは「リマーケティング」と呼びます。

■インタレストカテゴリターゲティング

特定の興味・関心を持ったユーザーに対して、広告を配信する手法です。ユーザーの行動記録によって、属性が判別されます。たとえば、コスメに関するサイトを頻繁に見ているユーザーは「コスメ」に関心があるユーザーと認識がされ、ディスプレイ広告枠には「化粧」「美容」に関連した広告が配信されるという事になります。こちらは新規顧客獲得を目的とした潜在層ユーザーへの配信となります。

■サイトカテゴリ(トピック)ターゲティング

閲覧サイト(ページ)の属性に応じた広告を配信する手法です。先ほど説明した人軸ベースで配信するインタレストカテゴリとは違い、こちらは面軸ベースで配信します。たとえば、旅行会社の広告を出稿したい場合は、サイトカテゴリを「地域」「旅行」等を選択すれば、そのカテゴリに属したサイトを閲覧するユーザーに広告を配信する事が可能になります。Google AdWordsではトピックターゲティングと呼びます。

■コンテンツターゲティング

広告で訴求したい商品・サービスに関連したキーワードを設定する事で、そのキーワードに関わりの深い内容を掲載しているページに広告が掲載される手法です。キーワードに関連した内容を含んだサイトに適確に広告が出稿できる為、アプローチが難しい潜在層ユーザーへの配信が可能となり、新規顧客獲得の為の一つの手法になるでしょう。

■インタレストマッチ

インタレストマッチはユーザーが閲覧中のページ内容や興味関心(過去の閲覧履歴や検索キーワード)から、興味がありそうな商品・サービスの広告を表示させるYahoo!の手法です。事前にあるデータからターゲットを絞るその他の手法と違って、結果データに基づく配信方法となります。広告主はユーザーを想定して、性別・地域などを設定する事もできる為、効率的に広告出稿する事が可能となります。

■プレースメントターゲティング

ディスプレイ広告枠のあるサイトの中から、掲載先を指定して配信する手法です。特定のサイトにのみ配信ができるので、効果が高いと思われる関連性の高いサイトを選ぶ事が重要となります。この手法は、これまではGDN(Googleディスプレイネットワーク)のみの手法でしたが、YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)でも2014年4月20日から「プレイスメントターゲティング」としてリリースされています。

最後に・・・

Webプロモーションを実施する際に、方法がありすぎて何から手をつけていいか悩まれる事も多いでしょうが、最大規模の配信枠をもったYDN・GDNに様々な方向からアプローチする事が可能なディスプレイ広告を一度検討してみてはいかがでしょうか?


参考:

http://tetesuke.hatenadiary.jp/entry/display-and-listing

http://sem-labo.net/blog/2012/02/10/0649/

http://web-tan.forum.impressrd.jp/yahooads/2014/05/30/17510

http://www.online-publishers.org/index.php/opa_news/press_release/consumers_are_spending_the_lionshare_of_their_time_online_with_content

http://web-tan.forum.impressrd.jp/yahooads/2013/02/28/14683

http://www.flash.linkad.jp/19-interestmach.html

hybrid-banner.png