[Googleアナリティクス入門⑤]Googleアナリティクスで目標を設定してページ改善に役立てる方法

アクセス解析を行う最大の目的は、そこで得た知見をサイト改善に生かすことである。ただ漠然とアクセス数が増えた、減ったと一喜一憂していても意味はない。増えたにしても減ったにしても、それが何故なのかを推測し、仮説を立て、実行・検証をする。いわゆるPDCAを回していくために活用することが重要。そこで今回はサイト改善に役立てるための目標設定方法を説明しよう。

Googleアナリティクスでの目標設定の方法

Googleアナリティクスでは目標を設定することで、訪問者の訪問意図、サイト内の回遊経路、目的を達成するために要する時間などが明確になる。これらが分かれば、サイトの導線が正しいのか、間違っているのかが客観的に判断できるようになる。また目的を達成した訪問者がどこから訪問してきたかも分かるため、サイト流入を増やすためには、SEO対策を強化すべきなのか、関連サイトなどに広告を出稿すべきなのかなどといった施策の選定もやりやすい。逆にいえば目標を立てなければサイトの問題点も課題も分からないということになる。目標を決めることでGoogleアナリティクスに並んだ数字がどれも意味のあるものとして浮かび上がってくるようになるのである。

Google アナリティクスで立てられる目標とは?

Googleアナリティクスで設定できる目標は大きく5つに分けられる。

1.収益

 注文・支払い完了

2.集客

 アカウントの作成

3.問い合わせ

 詳細表示・問い合わせ・状況確認・セール情報の確認・レビューの表示

4.ユーザーのロイヤリティ

 情報比較・共有/ソーシャル・ニュースレターの購読・カートに追加

5.カスタム

以上の中から、自サイトで達成したい目標を選択し、次に「到達ページ」、「滞在時間」、「ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり)」、「イベント」の中からひとつのタイプを選択する。例えばネットショップを運営している場合、目標を収益(注文)に設定し、タイプを「到達ページ」として注文完了ページを設定するといった形だ。この設定をすることで、注文完了までいった訪問者がどこを経由して自サイトに訪問したのか? 滞在時間はどれぐらいなのか? などといったことが分かるようになる。

サイトの目標を決め方

サイトの目標の決め方は、「到達ページ」を基準にして考える。「注文完了ページ」、「メルマガやニュースレター登録完了ページ」、「資料請求申し込み完了ページ」などを「到達ページ」に設定し、そこに至るまでのプロセスをチェックしていくことで、サイトの改善に役立てるようにする。ネットショップなのか企業サイトなのかによってそれぞれ目標は変わってくるため、それに合わせて目標を決めていくようにする。「滞在時間」、「ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり)」、「イベント」に関しては、「到達ページ」を目標にする、もしくは別指標でチェックできるケースがほとんどのため、基本的にはサイトのタイプによって「到達ページ」を目標に設定するのがよいだろう。

決めた目標に合わせた設定方法

ここではGoogle アナリティクス上で決めた目標に合わせた設定方法の具体例として、企業サイトで資料請求完了ページをゴールとした場合の設定方法を説明する。

  1. Googleアナリティクスの画面左下にある「管理」をクリックする。
  2. ビューから「目標」を選択、「+新しい目標」をクリックする。
  3. 「目標設定」で「カスタム」を選択し、「続行」をクリックする。
  4. 「目標の説明」において「名前」を入力(資料請求完了など)する。
  5. 「タイプ」から「到達ページ」を選択し、「続行」をクリックする。
  6. 「目標の詳細」で「到達ページ」に資料請求完了ページのURLを入力する。
  7. 「値」は、例えば一件資料請求があった場合に受注する金額の平均などを入力する(特になければオフのままでも問題ない)。
  8. 「目標到達プロセス」は、ランディングページや資料請求ページのURLを登録する。これによって資料請求完了までにどの程度の訪問者が離脱したかをチェックすることができる。
  9. 最後の「保存」をクリックして設定完了。

次に「滞在時間」をゴールとした場合の設定方法について説明する。滞在時間をゴールにするケースとは、ネットショップや企業ブログなど滞在時間が増えることで購入率やメルマガ、ニュースレターの登録率が上がるといった場合である。方法としては上記の4までは「到達ページ」の設定方法と変わらない。

 5.「タイプ」から「滞在時間」を選択し、「続行」をクリックする。

 6.「目標の詳細」で「訪問の滞在時間」を設定する。

 7.「値」を任意で入力し、「保存」をクリックして設定完了。

「ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり)」の設定方法も「滞在時間」とほぼ同じで時間がページ数に代わるだけだ。そして最後に「イベント」。これは例えばサイト内にある動画の再生数、アプリやホワイトペーパーのダウンロード数、バナーのページ別、サイトの場所別のクリック数を計測する際に設定する。ただし「イベント」の設定に関してはGoogleアナリティクスだけではなく、サイト内のHTMLにおいてイベントトラッキングを設定しておく必要がある。Googleアナリティクス上での設定方法は、これも4までは「到達ページ」の設定方法と同じ。

 5.「タイプ」から「イベント」を選択し、「続行」をクリックする。

 6.「目標の詳細」の「イベント条件」において「カテゴリ」、「アクション」、「ラベル」(それぞれイベントトラッキングで設定した名称を使う)の少なくともひとつのイベントを入力する。

 7.「値」を任意で入力し、「保存」をクリックして設定完了。

基本的に「カテゴリ」はダウンロードやバナーなど、「アクション」はクリックやダウンロードする際のファイルのタイプ、pdfやExcelなど、「ラベル」はアプリやホワイトペーパーのファイル名、バナーの名前などを設定する。

設定した目標の達成具合を確認するには?

それでは実際にGoogleアナリティクス上で設定した目標を確認する方法について説明する。方法はその設定した目標によって変わる場合もあるが、今回はその中でもよく利用する「集客」と「コンバージョン」、それぞれの画面での確認方法を説明しよう。

集客での目標確認

Googleアナリティクス画面の左側、「集客」を選択し、「概要」で検索、ソーシャル、ダイレクト、リファラーなど目標を達成した訪問者がどこから来訪したかが確認できる。またアドワーズ広告を設定している場合は、広告利用者の概要も確認が可能。ほかにもソーシャル経由の訪問者がどのソーシャルメディアから来訪し、どういった行動を取ったかなどの確認もできる。

コンバージョンでの確認

Googleアナリティクス画面の左側、「コンバージョン」を選択する。「目標」では実際に設定した目標がどの程度達成されているかの確認ができる。またネットショップなどでは「eコマース」で売上に関する情報も確認が可能。さらに「マルチチャネル」ではコンバージョン経路や所要時間などの確認もできる。

Googleアナリティクスで設定した目標をサイト改善に役立てるには?

例えばネットショップで、「注文完了ページ」までたどり着かず「カートページ」や「注文商品確認ページ」での離脱が多い場合、商品や送料、手数料の説明不足、注文確定ボタンの場所が分かりづらいなどの仮説を立て、修正を行う。検索からのコンバージョンが低い場合、もっとキーワードを絞って今すぐに商品を必要としている人向けのテキストに書き換えるなど、目標の成果を確認することでさまざまなサイト改善策が見出せる。そのためにも、まずはどういった目的でサイト運営するのかを明確にすることが重要となる。その上で、どういったサイト導線やコンテンツが必要かを探るための指標となるのが“目標”である。

Googleアナリティクスにはサイト改善のヒントがあちらこちらに隠れている。ただしそれは漠然と数字を眺めているだけでは見つけることはできない。サイトの目的を明確にし、そのための目標を設定することが、サイト改善の第一歩となるのである。

参考:

hybrid-banner.png