[Googleアナリティクス入門④]Googleアナリティクスの管理画面と、外部機能との連携をマスターしよう

Googleアナリティクスの管理画面からは、アクセス解析をより便利にする設定を行える。また、AdSenseやAdWordsといった他のGoogleサービスと連携して使うことも可能だ。Googleアナリティクスをさらに使いこなすための、各種の設定と外部機能との連携方法について解説する。

管理画面からさまざまな設定を行おう

Googleアナリティクスのさまざまな設定は、管理画面から行う。まず、画面左下の「管理」をクリックして、管理画面を表示させよう。

複数のサイトの情報を確認できるようにする

複数のWebサイトを運営している場合、すべてのサイトのアクセス解析データを一括して管理したいと考えるだろう。Googleアナリティクスなら、サイトごとにアカウントを新規作成する必要はなく、現在利用している既存のアカウントにサイトを追加して管理することが可能だ。

管理画面の「アカウント」のドロップダウンリストで「新しいアカウントを作成」を選択し、次の画面で「ウェブサイト」を選択したら、「アカウントの設定」にアカウント名を入力しよう。さらに、「プロパティの設定」にサイト名を、「ウェブサイトのURL」にサイトのURLを入力する。

「業種」のドロップダウンリストで対象となるサイトの業種を選択し、「レポートのタイムゾーン」で使用するタイムゾーンを選択したら設定は終了だ。「トラッキングIDの取得」をクリックしてトラッキングIDを取得して、それをサイトに追加しよう。

複数のユーザーで利用できるようにする

複数の担当者でアクセス解析のデータを確認したり管理したりする場合には、ユーザーの追加を行える。まず、ユーザーを追加するアカウントを選択し、「ユーザー管理」をクリックして対象となるユーザーを追加する。追加したユーザーに与える権限を選択したら、「追加」をクリックして保存すればよい。

アクセス解析の情報をメールで受け取る

レポートのメール配信を設定しておけば、Googleアナリティクスにアクセスすることなく、指定したレポートの内容を確認できる。

まず、配信したいレポートを表示させて、レポートタイトルの下にある「メール」をクリックすると送信画面が表示されるので、宛先欄に送信先のアドレスを入力しよう。複数の宛先を指定することも可能だ。なお、現在ログインしているメールアドレスが差出人になる

続いて、添付ファイルの形式をCSVやExcel形式、PDFなどから選択し、「頻度」で送信頻度を選択する。送信頻度は「1日」「日別」「週別」「月別」「四半期」から選択できる。「週別」を選択した場合は配信する曜日、「月別」の場合は配信日も指定しよう。さらに、「詳細オプション」をクリックすると表示される「有効期間」のドロップダウンリストからは、レポートの配信を行う期間を指定できる。

最後に「テキスト」欄にメールの本文を入力して「送信」をクリックすれば、設定した頻度と期間でレポートがメール配信される。

他のサービスと連携して使う

Googleアナリティクスは、AdSenseやAdWordsなどの他のGoogleサービスやeコマースと連携することが可能だ。それぞれの連携方法や、データの確認方法を紹介する。

Google AdSenseと連携する

Google AdSenseを利用している場合には、アナリティクスとAdSenseのアカウントを連携して利用することが可能だ。まず、Google AdSenseのデータをインポートしよう。管理画面の「アカウント」でAdSenseとリンクするアカウントを、「プロパティ」でリンク先のプロパティを選択し、「AdSenseのリンク設定」をクリックする。

次に表示される画面で「+ 新しい AdSense リンク」をクリックしてAdSenseプロパティを選択し、「続行」をクリックしたら、データを表示するアナリティクスのビューを選択して「リンクを有効にする」をクリックし、最後に「完了」をクリックすれば設定は終了だ。その後、アナリティクスのトラッキングコードをサイトに追加する。これによって、AdSenseのデータをGoogleアナリティクスで確認できるようになる。

Google AdWordsと連携する

また、Google AdWordsと連携して使用することも可能だ。管理画面の「アカウント」でAdWordsとリンクするアカウントを、「プロパティ」でリンク先のプロパティを選択し、「AdWordsのリンク設定」をクリックする。

次に表示される画面で「+新しいリンクグループ」をクリックしてリンクするAdWordsのアカウントを選択したら「続行」をクリックし、各プロパティのビューの設定を「オン」にしてから「アカウントをリンク」をクリックする。

アカウントのリンク後は、AdWordsからGoogle アナリティクスのレポートを閲覧することが可能になる。これは、AdWordsの管理画面から操作を行う。

eコマースのデータと連携する

また、eコマースのデータをGoogleアナリティクスで表示させることも可能だ。管理ページの「ビュー設定」をクリックして、「eコマースを有効にします」をオンにしてから、「次のステップに進む」をクリックして、「送信」をクリックすればよい。その後、トラッキングコードを取得してサイトに追加する。

その他の便利な機能を使ってみよう

Googleアナリティクスには、この他にもアクセス解析を効率化するために役立つ機能が用意されている。いくつか紹介しよう。

レポートにメモを追加する

レポートのグラフには、注釈などのメモを追加することができる。グラフの急激な変化があり、その要因をメモしたい場合などに役立つだろう。

メモを追加するには、レポートのグラフの下部にある「▼」タブをクリックして、「新しいメモを作成」をクリックする。メモを入力したら、公開もしくは非公開を選択して「保存」をクリックすればよい。

カスタムアラートを設定する

画面左側のメニューで「カスタム」→「カスタムアラート」の順にクリックしたら、「カスタムアラートの管理」から「+新しいアラート」をクリックすると入力画面が表示される。

その画面でアラート名を入力し、アラートの対象とするレポートビューを選択したら、「期間」ではアラートの生成頻度を「日」「週」「月」から選択しよう。アラートの発生時にメールで通知を受け取りたい場合は、「このアラートが発生したときにメールで通知する」にチェックを入れる。

続いて、アラートを送る条件を設定しよう。「適用対象」には、対象とするトラフィックを、「次の場合に通知する」では、アラートに使用する指標と、アラート生成条件となる数値およびそれに対する「未満」「以上」といった条件を指定する。最後に「アラートを保存」をクリックすれば完了だ。

使いこなすことでさまざまな情報を得られる

ここまでシリーズで見てきたように、Googleアナリティクスにはさまざまな機能が用意されている。それらの機能を目的に応じて的確に使いこなすことによってWebサイト運営に有用な多くのデータを得ることができるのだ。

 

 

参考:

 

hybrid-banner.png