[Googleアナリティクス入門①]Googleアナリティクス導入時にやっておきたい準備と手順

Webサイトを効果的に運用するためには、現在、サイトがどのような状況にあるのかを正確に把握することが大切だ。サイト運営に必要なさまざまな情報を確認するために役立つのが、アクセス解析ツールのGoogleアナリティクスだ。使いこなすことができれば非常に有用なツールだが、たくさんの機能を備えているだけに使いこなせずにいる人も多いのではないだろうか。

本シリーズでは、これからGoogleアナリティクスを導入したい方や、すでに導入しているけれど有効活用できていないと感じている方のために、Googleアナリティクスの使い方やデータの確認方法、それぞれのデータが意味することなどの基礎知識を紹介していく。

第1回では、Googleアナリティクスの概要と導入にあたってしておきたい準備、アカウントの作成やWebサイトへの導入の手順について解説する。

目的を明確にしよう

Googleアナリティクスを使い始める前に、何のためにGoogleアナリティクスを導入するのか、アクセス解析によってどのような目的を達成したいのかを明確にしておこう。Googleアナリティクスは広く使われている有名なツールであるため、「とりあえず入れておこう」と考える人もいるかもしれないが、ただ何となく導入し、なんとなく画面を眺めているだけでは、十分に活用することはできない。

目的を明確にするには、現在、自社のサイトがどのような課題を抱えているのか、アクセス解析によって何を知りたいのか、そしてその結果どのような状態にしたいのかといったことを整理してみるとよい。

Googleアナリティクスでできることを知ろう

Googleアナリティクスでは、サイトを訪れた人に関する情報や、どのようなページが閲覧されているかといったアクセスに関する情報をはじめとした、さまざまなデータを確認・分析できる。まずはその基本機能を知り、何ができるのか、どのような情報を得ることができるのかを把握することが必要だ。

Googleアナリティクスのおもな機能には、次のようなものがある。

基本データの分析

サイトのアクセス数などをリアルタイムで表示したり、さまざまなデータを分析してそれをレポートにまとめたりできる。

各ページの情報を分析

サイト内の各ページの訪問数や滞在時間、ユーザーの移動経路などを確認できる。

ソーシャルメディアへの拡散状況を確認

ソーシャルメディアからの訪問者の数や、サイトに設置した「シェア」や「いいね」などのボタンによる拡散数を確認できる。

モバイルからのアクセスを解析

スマートフォンなどのモバイル端末からのサイトやアプリへのアクセス状況を確認できる。

その他

ファイルのダウンロードや動画の再生、ECサイトでの販売レポート、広告の成果など、幅広い情報を確認することが可能。

Googleアナリティクスを使い始める手順

では、実際にGoogleアナリティクスへログインして、利用開始の準備をしてみよう。

1.    アカウントを作成する

Googleアナリティクスアカウントをまだ持っていない場合は、アカウントを作成する必要がある。Googleアナリティクスのトップページ(https://www.google.com/analytics/)にアクセスして「アカウントを作成」をクリックし、Googleアカウントのログイン画面が表示されたら、Googleアナリティクスで使用したいアカウント名およびパスワードを入力してログインする。

「新しいアカウント」画面が表示されたら、アクセス解析を行う対象がWebサイトなのかモバイルアプリなのかを選択し、アカウント名とWebサイト名およびURLを入力し、業種とタイムゾーンを選択する。

画面下部には「データ共有設定」が表示されているので、必要に応じて設定を行い、「トラッキングIDを取得」をクリックすればよい。

2.    トラッキングコードを取得する

続いて、Webサイトに設置するためのトラッキングコードを取得する。このコードをサイトに設置することで、対象のWebサイトのデータをGoogleアナリティクスで収集できるようになる。

上記で作成したGoogleアナリティクスアカウントにログインしたら、画面上部の「管理」タブをクリックし、「アカウント」のドロップダウンリストからトラッキングコードを取得したいアカウントを選択し、「プロパティ」のドロップダウンリストでプロパティを選択する。

そして、「プロパティ」列にある「トラッキング情報」をクリックしたら、「トラッキングコード」をクリックすると、トラッキングコードが表示される。

3.    トラッキングコードをサイトに設置する

次に、取得したトラッキングコードを、Webサイトに設置する。トラッキングコードの設置方法は、対象となるページの種類によって異なる。静的なWebサイトの場合には、表示されたトラッキングコードをコピーして、対象となるサイトの各ウェブページのタグの前にペーストすればよい。また、動的なウェブサイトの場合には、トラッキングコードをphpファイルに追加する必要がある。

4.    データの記録が開始される

以上の手順で、Webサイトのデータの記録が開始されるようになる。データは24時間以内にGoogleアナリティクスのレポートに反映されるので確認してみよう。

Googleアナリティクスの画面構成を理解しよう。

Googleアナリティクスの基本的な画面構成と、それぞれの画面でできる操作や確認できる情報は、次のとおりだ。

ナビゲーションリンク

Googleアナリティクスの画面上部に表示されるタブで、画面の切り替えはこのナビゲーションリンクから行う。「ホーム」「レポート」「カスタム」「管理」の4つのタブが用意されている。

「ホーム」画面

現在登録しているアカウントおよびプロパティの一覧と、各サイトのセッション数や平均セッション時間、コンバージョン率といったデータの概要が表示される。

「レポート」画面

Googleアナリティクスの各種レポートや、マイレポートを確認できる画面。左サイドバーにはレポートの一覧があり、クリックすればそのレポートが表示される。

また、各レポート上部には「メール」「エクスポート」「マイレポートに追加」「ショートカット」の4つのタブがある。このうち「エクスポート」タブをクリックした画面の上部にはセッションやページビュー、ユーザー数、直帰率などの項目と、選択中の項目のグラフが表示される。

「カスタム」画面

独自に指標などを組み合わせて作成するカスタムレポートの作成や、サンプリングデータを使って生成されたレポートから非サンプリングレポートの取得を行う。

「管理」画面

トラッキングコードの表示やアカウント設定の修正、アナリティクスアカウントの閲覧や編集ができるユーザーの追加などを行える。また、アクセス解析を行うWebサイトを増やしたい場合には、ここからアカウント情報を追加する。

最初に全体像をつかむことで効果的に活用できる

Googleアナリティクスを効果的に活用するためには、あらかじめ運用についての全体像を把握しておくことが大切だ。アクセス解析でどのような情報を得たいのか、その情報によってどのような課題を解決したいのかといったことを明確にするとともに、Googleアナリティクスはどのような機能をもったツールなのかを知ることが欠かせない。これらの準備によって、Googleアナリティクス導入開始後の流れや実施するべきことがイメージしやすくなり、スムーズな運用が可能になるだろう。

次回は、Googleアナリティクスで基本的なデータを確認する方法についてお伝えする。

 

 

参考:

hybrid-banner.png