ちょっと待った!ウェブサイトを立ち上げる前に、まずおさえるべき5つのステップ

ウェブサイトを立ち上げようと思ったら、「トップページは動画をつけてこんなデザインにしよう」「メールマガジンとFacebookページもつくろう」などと、さまざまなことが頭をめぐるものだ。しかし、その前にまずこの5ステップをおさえないと、どんなに見栄えの良いサイトを立ち上げても、閑古鳥が鳴く残念な結果になりかねない。その5ステップとは? さっそく見ていこう。

ウェブサイトを立ち上げる前に、まずおさえるべき5つのステップ

ステップ1.他社との差別化につながる「自社の強み」を明確にする

言うまでもないことだが、モノも情報も溢れる現代において商売をする上で重要なことは、「いかに差別化をするか」だ。そしてこれはウェブサイトの立ち上げにも当てはまる。

数多あるウェブサイトの中から、あなたのサイトにアクセスしてもらうためには自社の強みを明確化し、それを中心としたサイトの設計が差別化のカギとなる。これは5つのステップのうちでも最も重要である。

誰に、何を伝えたいのか。
一つでもいい。他社には絶対に負けないその「強み=コアコンピタンス」こそが、いずれはブランドとなっていく。

「自社の強み」を明らかにしたら、次のステップに進んでみよう。

ステップ2.リサーチ、リサーチ、リサーチ

競合サイトとなりうるウェブサイトを調査し、現在の立ち位置を知ろう。自社のサービスに関連するキーワードをいくつかピックアップし、検索エンジンで上位表示されているウェブサイトを見ていくと、その業界のレッドオーシャン度(競合の厳しさ)が計れる。競合サイトを見ていく時は、そのサイトの長所と短所、そしてどういった客層を対象にした設計になっているのかがポイントになるのだ。

ステップ3.負けないキーワードを決める

リサーチの結果をもとに、勝つための戦略を練ろう。ここでのポイントは、自社のホームページを上位表示させるためのSEOキーワードを決定すること。

「どのキーワードなら後発参入しても勝てるのか?」

強豪と同じキーワードを選んでも、埋もれてしまうだけだ。
潜在顧客が検索時に入力するであろうキーワードで、なおかつ埋もれてしまうことのない「負けないキーワード」の選定が勝敗のカギを握るといえる。

ステップ4.サイトの「売り」を設計する

「負けないキーワード」を決めたら、そこから、潜在顧客に「こんなの探してた!」と感じてもらうための、サイトの見せ方を設計していこう。潜在顧客の姿を明確にし、彼らに「うちのサイトはこの点ではどこにも負けない」という強みを顧客目線でアピールするように見せるのである。成約率の高いサイトは、このポイントが入念に練られている。

ステップ5.コンテンツを決定する

これまでのステップを踏まえた上で、コンテンツ(サイトの中身)を決めていく。サイトのデザイン、そして文章や写真の見せ方は、戦略を練ってブランド化されたものならば、潜在顧客をグッと惹きつけて離さない、統一感のある洗練されたものになる。もしも行き詰まったら、これまで踏んできたステップを思い返し、自社の位置付けを明確にしよう。

まとめ 〜 仕事の成功は準備が9割

ウェブサイトを立ち上げる前から、ウェブマーケティングは始まっている。よく言われることだが「仕事の成功は準備が9割」という金言はここでも当てはまるのだ。立ち上げ前にどれだけ下調べをして設計されたウェブサイトなのかで、実際に運営を始めたときの成功が左右されるといっても過言ではない。はやる気持ちを抑えて、準備万端で次に進もう。


参考:


画像:
http://www.flickr.com/photos/rahego/6479063181/

hybrid-banner.png